日本ではワキガの人はとても肩身の狭い思いをしますよね。ワキガというだけで、そうでない人から白い目で見られたり、鼻をすすられたりすることが本当に多いです。

皮膚科を受診して、塗り薬や飲み薬を処方してもらったり、重度の場合には手術をして治すというのも、日本では一般的になっています。

しかしながら、欧米ではそのような認識はありません。日本と欧米では、ワキガに対する考え方が異なっているからです。

日本と欧米のワキガの割合

欧米の場合、白人で50~60%、黒人はほぼ100%がワキガだと言われています。

それに対して日本の場合、ワキガ率は10%程度です。例えば1クラスが20~30人とすると、2~3人の割合しかワキガの子供はいません。

  • 圧倒的少数派である。
  • 臭いの印象が強烈に悪い。

という理由から、どうしても肩身の狭い思いをすることになります。

どのようなコミュニティーでも、マジョリティーよりマイノリティーの方が肩身の狭い思いをすることは仕方なく、それはワキガでも変わりません。

他の多くの人と違うというだけで、どうしても仲間はずれにされてしまうことがあります。

欧米のワキガに対する考え方

欧米ではワキガの割合が大変多く、さらに皆幼い頃からデオドラント対策を叩きこまれている為、ワキガに引け目を感じている人はほぼいません。

ワキガ割合の低い日本では、ワキガについて習う授業はありません。ワキガに対する理解が低いので、「独特な臭いがする人がいるから、のけものにしよう」という考えに陥りやすくなります。

その結果、子供の場合はワキガが原因でいじめられることもあります。嗅覚は感情と強く結びついています。嫌な臭いを嗅いだ時に拒絶してしまうのは本能なんです。

日本では個別の対応に委ねられる。

ワキガの知識が常識化していないことが、イジメ問題の背景にあると私は考えています。

ワキガはうつるものだと考えている親もいるくらいです。Q&Aサイトなどを見ているとその知識の低さに驚くこともしばしば。

ワキガに対する知識が広まっていないので、どうしても特異なものとして扱われてしまいます。そのため、日本では普通の生活を送るためには臭いを出さないことが最重要になります。

日本でももっとワキガに対しての正しい知識が広まれば良いのですが、なかなか簡単なことではありません。

メディアなどでも取り上げられることが少ないですし、インターネットにある情報は自分から進んで調べなければ目にする事はありません。

ワキガと無縁の人が自ら進んでワキガの知識を得ることはありません。

ただ、幸い、ワキガの臭いを軽減する方法は色々ありますので、対策が取りやすいものから試してみてください。

子供でも大人でも、他人に指摘されるのは非常に恥ずかしくツライ事です。そうなる前に子供のワキガのケアに取り組んでくださいね。

ワキガ臭を激減させる為に子供にできる対策まとめ

子供に最適な腋臭(ワキガ)クリームランキング

このランキングには理由があります。

我が家がクリアネオを選んだ理由とは?【ランキング詳細を見る】