ここで言う体質改善とは、「腋臭の臭いが出にくい体質にする」という意味です。日常生活でできる範囲で取り組み、体質改善を目指してください。

  • 腸内環境を正す。
  • 汗の質を変える。

この2つが臭い軽減のポイントです。そのためには何をすればよいのかをご紹介します。

腸内環境を改善して臭いの出にくい身体を作る。

腸内環境が悪化すると、腸内が悪玉菌>善玉菌の状態になります。悪玉菌が増えると臭いを強くする有害物質を発生させます。

臭い成分は身体にとって必要なものではないので、汗や分泌物として外に出てきます。アポクリン腺に含まれる分泌物にも少なからず影響するので、腸内環境を整えるのは臭い対策に有効なんですね。

ではどうすれば良いのかというと、善玉菌>悪玉菌という状態にすれば良いんです。腸内に善玉菌が多い状態は腸内環境が整っている状態といえます。

赤ちゃんのうんちが臭わないのは、腸内に善玉菌が満ちているからです。

腸内の善玉菌を増やすにはどうすれば良い?


  • 自律神経を整えるために規則正しい生活をする。
  • タンパク質や脂質の多い食べ物を少なめにする。
  • 野菜をヨーグルトを食べる。

私が主に取り組んだのはこの3つです。自律神経が乱れると便秘になりやすく、悪玉菌が増える原因になります。規則正しい生活をして、腸の活動を正常に保ってください。

食生活はアポクリン腺に含まれるタンパク質や脂質を減らすために、タンパク質や脂質を摂りすぎないようにします。でも、お肉を食べたい盛りの子供もいますよね。

そんな時は、善玉菌のエサになる野菜もたくさん摂るようにしてください。同じくヨーグルトも食べ続けたいところです。ヨーグルトは食べ続けることで直接善玉菌を腸に届けることができます。

種類によって菌の配合バランスが微妙に違うので、できれば1つのお気に入りヨーグルトを見つけて食べ続けてください。

さらに、ストレスを溜めないことも大切です。ストレスは自律神経に影響を与えやすいので、なるべく溜めないようにしたいところです。

しかし、臭いを気にすることがストレスになっている場合が多いので、難しい問題です。

臭いを気にすることがストレスの原因であれば、体質改善と併せてデオドラントや服の消臭対策もしっかりやってあげてくださいね。

子供のワキガ臭を減らす為に、今すぐ始められる食生活改善。


腋臭(わきが)臭を激減させる為に子供にできる対策まとめ


汗腺を鍛えてアポクリン腺に含まれる老廃物を減らす。

アポクリン腺から出る汗には、タンパク質、脂質、アンモニアなどの老廃物がたくさん含まれています。

これらの排泄がスムーズに行われれば、老廃物の濃度が減り、臭いも減らすことができます。腋臭対策は汗を抑えることばかりに目が行きがちですが、実は汗を出す事も同じくらい大切なんですね。

汗腺トレーニングは親子で楽しくできますし、バスソルトを使えばリラックス効果も高まります。具体的な方法はこちらで紹介していますので参考にしてくださいね。

親子一緒にできる!わきが臭を減少させる汗腺トレーニング

即効性のある対策と組み合わせることでより効果を発揮する。

体質改善は長期間取り組む必要があります。そしてそれをずっと続けなければなりません。しかもなかなか効果が実感しにくいです。

できれば即効性のあるデオドラントや服の消臭なども同時に取り組んでください。

今は子供にも安心して使える強力な腋臭専用デオドラントがあるので、親子で使うのも良いですね。

腋臭は遺伝だから仕方がないと諦める前に、できるところから取り組んでみてください。

子供の腋臭(ワキガ)臭や汗を抑えるデオドラントについて

子供に最適な腋臭(ワキガ)クリームランキング

このランキングには理由があります。

我が家がクリアネオを選んだ理由とは?【ランキング詳細を見る】