対策まとめ~看板を掲げる家族~
わきが臭の対策は、「これだけやれば良い」という方法は無く、臭い発生の仕組みを考えた上で先回りして対策をする必要があります。

腋臭(わきが)対策の考え方

1.アポクリン汗腺から汗を出さない

アポクリン腺から出た汗は皮膚常在菌に分解されてわきが臭になります。つまり、わきが臭を無くすために一番重要なのが、アポクリン腺から汗を出さない事です。

2.エクリン汗腺からの汗を減らす

エクリン腺から出る汗はほとんどが水分で無害に思えますが、脇はじめじめしやすく菌が増殖しやすい場所です。また、水分は蒸発する際にわきが臭を周りに振りまいてしまうので、通常の汗対策もしなければなりません。

3.皮脂の分泌を減らす

皮脂は常在菌に分解されるとわきが臭に混ざって臭いを強くします。そもそもアポクリン腺から出る汗にも脂質は含まれているので、皮脂自体が臭いの原因となります。臭いを減らすには皮脂腺から出る皮脂を減らさなければなりません。

4.菌の繁殖を防ぐ

アポクリン腺から出る汗は最初は無臭です。菌の存在があって初めて臭いを発します。臭いを防ぐためには菌の繁殖を抑えなければなりません。

5.ワキ毛を脱毛する

思春期くらいに生えてくるワキ毛もわきが臭を拡散する原因となります。ワキ毛が生えるとその分、汗の接地面積が増えることになるので、蒸発による拡散能力も上がってしまいます。


ワキ毛の脱毛に関しては子供が小学生くらいの場合は関係ありませんが、特に思春期を過ぎた女子の場合は注意が必要です。

ワキの処理をする際、毛抜きで抜いてしまうとアポクリン腺を刺激することになり、臭いを強くする原因になってしまいます。

できればクリニックなどでしっかりと脱毛処理を施すようにしてください。

子供にしてあげられる腋臭(わきが)対策

日常生活の中で対策をする

大前提として、腋を清潔に保ってあげてください。家にいる時は、汗をかいていなくても腋の下を拭くことを習慣にします。例えば、朝起きたら腋を拭く、トイレの度に腋を拭くなどです。

その際は、ガーゼなどの柔らかい布を濡らしたものを使用します。外出時は子供が使っても大丈夫な低刺激のボディペーパーなどを用意しておくと便利です。

濡れたガーゼやボディペーパーで腋を拭く事によって、汗と菌を取り除く事ができます。

小学生の場合、なかなか習慣付ける事が難しいですが、ママの目が届く範囲でやってあげてください。

また、下着は必ず着せてください。暖かくなってくると子供は嫌がるかもしれませんが、少なくとも夏前までは半袖の下着を1枚かますようにしてください。

下着をかますことで吸汗性を高め、ニオイを若干防ぐ事ができます。体育の授業のある時は替えの下着を持たせておくと安心です。

下着の洗濯はこまめにします。下着は脱いだままにしておくととんでもないニオイになるので、ママがお風呂の時に手で予洗いをするようにしてください。

その他、日常生活で重要なのが、食生活改善です。お肉や脂っこいもの中心の食生活をしていると、アポクリン腺から出る汗にタンパク質や脂質が増えます。また、皮脂腺の皮脂も増えてしまいます。

食生活改善に関しては以下のページで詳しく解説しています。

子供のわきが臭を減らす為に、今すぐ始められる食生活改善。


その他日常生活でできるわきが対策を「腋臭対策(日常生活)」カテゴリーにまとめました。衣服の消臭方法などの情報もあります。

腋臭対策(日常生活)カテゴリー

子供でも使えるデオドラントで汗と菌の対策をする

デオドラントには、

  1. 汗を抑えるもの
  2. 菌の増殖を抑えるもの
  3. 消臭をするもの

があり、私自身、以前は汗を抑える「制汗剤」を使用していました。

汗を抑える成分として最もポピュラーなのが、塩化アルミニウムです。塩化アルミニウムが汗と反応し、水酸化塩化アルミニウムを作り、汗腺に蓋をします。

蓋をする事によってびっくりするくらい汗が止まります。しかも持続力が長く、その状態が最長5日間くらい続きます。

ただし、肌への刺激は強めです。私はデンマーク産のデトランスαという塩化アルミニウム配合の制汗剤を使っていましたが、ヒリヒリして辛いという理由で使用を中止した経験があります。

効果は高いのですが、大人でもこのような状態になる事もあるので、塩化アルミニウム配合の製品を子供の肌に使うことを考えると抵抗があります。

使用するデオドラントが「制汗」「殺菌(抗菌)」「消臭」の、どの効果があるのかだけでなく、子供に使っても大丈夫な「肌に優しい成分」で作られているかを調べる必要があります。

そこで、デオドラントについての詳細を以下のページにまとめました。

子供の腋臭(ワキガ)臭や汗を抑えるデオドラントについて

ワキガ手術について

ワキガ手術は、食生活改善やデオドラントでの対策と異なり、アポクリン腺を直接取り除く、または破壊することによってニオイを確実に取り除くことを目的としています。

思春期になり子供がわきがだと判明した場合、ご自身の経験と重ねてすぐに手術に踏み切るという親御さんも少なくありません。

しかし、手術には多くの種類があり、体にかかる負担も様々です。メリットもあればデメリットもあります。

以下のページでワキガ手術の詳細や、私のワキガ手術に関する考え方などをまとめました。子供に手術を受けさせるべきか悩んでいる場合は参考にしてください。

小中学生がワキガ手術をすることのメリット・デメリット