自分がワキガ体質だった場合、子供にそれが遺伝しないか、不安な親御さんは多いですよね。

特に思春期に、ご自身がワキガで悩んでいたなら、子供にはそういう思いをさせたくないと思うのも当然です。

心身共に過敏な思春期。周囲から指摘される前に、いち早く気づいて対策をしてあげたい所です。

【前提】ワキガになる体質かどうかは遺伝で決まっている。

当サイトで何度も説明をしていますが、ワキガ体質かどうかのほとんどは遺伝によって決まります。あなたがワキガなら、子供もワキガである可能性は高くなります。

ワキガの原因となるアポクリン汗腺の量や大きさは、両親から遺伝します。両親共にワキガの場合、その子供は80パーセントの確率でワキガになると言われています。

ただし、遺伝だからと諦める必要はありません。環境や成長の度合いなどによって、ワキガの状態は変わることもあります。また、対策方法もたくさんあります。

日々の生活からワキガの前兆をキャッチする。

子供のワキガの前兆は、チェックすればわかります。チェック項目としては、

  1. 耳垢が粘ついていないか。
  2. シャツの脇の部分が黄ばんでいないか。

の2つです。

耳垢が粘ついていないか。

耳垢が「湿っている」「粘ついている」という場合、耳の中に存在するアポクリン腺によってそうなっている可能性が高いです。

耳の中にはエクリン腺(通常の汗がでる汗腺)は存在しないので、耳垢が湿っている場合はアポクリン腺があると判断できます。

耳の中のアポクリン腺が活発だということは、脇にあるアポクリン腺も将来的に活発になると判断できるわけです。

耳垢チェックは小さい頃からできるので、確かめてあげてください。

シャツの脇の部分が黄ばんでいないか。

シャツの黄ばみも、ワキガの原因となるアポクリン腺が関係しています。アポクリン腺から出る汗にはタンパク質や脂質などが含まれています。

さらにその汗の中にはリポフスチンという黄ばみ成分が含まれるため、シャツの脇が黄ばんでしまうんです。つまり、脇が黄ばむということは、アポクリン腺が人より活発であると判断できます。

耳垢とシャツの黄ばみは目で見て簡単に分かるので、すぐにチェックしてみましょう。

思春期の臭いに落ち着いて対応できるようにしてください。

思春期になると、アポクリン線が急激に発達して、突然臭いが増すことがあります。

子供がまだ小さい場合には、その頃までに親がワキガ対策の知識を備えておくことが大切です。

親が慌てるとその気持が子供にも伝わります。臭いが強くなった時は冷静に対処してあげてください。

対策方法はたくさんあります。こちらの対策まとめから読み進めてみてください。

腋臭(わきが)臭を激減させる為に子供にできる対策まとめ

子供に最適な腋臭(ワキガ)クリームランキング

このランキングには理由があります。

我が家がクリアネオを選んだ理由とは?【ランキング詳細を見る】