子供にわきがが遺伝した場合、その体質を遺伝させてしまった親としては「なんとかして臭わない身体にしてあげたい!」と思いますよね。

私の親がそう思ってくれたかどうかは微妙ですが、少なくとも私はそう思いました。昔と違い今は周りが臭いに敏感です。わきがが原因で学校でイジメに遭わないか、とにかく心配でした。

では、わきがを根本的に治すことはできるのでしょうか?できるとしたら、そのためには何をしなければならないのでしょうか?

わきがを根本的に治すにはアポクリン腺を取るしかありません。

わきがを根本的に治すためには、脇にあるアポクリン腺を物理的に取るか、壊すかしか方法はありません。つまり、わきが手術を受けなければなりません。

手術をしないわきが対策は、汗腺に蓋をしたり、食生活によって汗に含まれる臭いのモトを減らすといった、「わきがの臭いを減らすための対策」です。

生まれ持ったわきが体質は変えることができないので、手術以外ではわきがを完全に治すことはできないんです。

手術をするなら思春期が終わった高校生以降。

アポクリン腺の働きは思春期頃から活発になります。平均して小学校高学年くらいです。その頃から高校生くらいまで、アポクリン腺は少しずつ大きくなり、最大でイクラ大ほどの大きさにまで成長します。

ピークを迎える前に手術する場合、小さいままのアポクリン腺を取りきることができずに再発する可能性があります。ただし、これは手術をする医師の技量にもよるようなので実際に受けてみるまではわかりません。

基本はアポクリン腺の成長が終わる高校生くらいの年齢に手術をするのが最適ですが、重度の場合はそんなことを言っていられないので、早めに手術を受ける子もいます。

その場合は切らない手術、もしくは傷が小さくてすむ手術を選択する親御さんが多いです。ただし、剪除法以外の手術は保険適用外なので、手術費用は比較的高額になります。

子供の心身のことを考えて、できるだけ負担にならない手術方法を選んでください。切る手術は効果が高いですが、ダウンタイムが長いので、やや負担がかかります。

切らない手術はそれだけ再発の可能性が高いので、根本的に治したいのならば、切る手術を選択してください。どちらを選んでもメリット、デメリットがあるので、それらを理解した上で、子供が納得する形で手術を受けさせるようにしてください。

【詳しく!】小中学生がワキガ手術をすることのメリット・デメリット

日常生活でできるワキガ対策はたくさんあります。

子供が手術に適した年齢になるまでは、できるだけ日常生活でサポートしてあげてください。完全に臭いを消すことはできませんが、臭いを減らすことはできます。

  • 即効性のあるデオドラントや服の消臭。
  • 食生活改善や汗腺トレーニングでの内側からの対策。

など、できることはたくさんあります。

すぐにできる対策方法を以下にまとめました。参考になれば幸いです。

腋臭(わきが)臭を激減させる為に子供にできる対策まとめ

子供に最適な腋臭(ワキガ)クリームランキング

このランキングには理由があります。

我が家がクリアネオを選んだ理由とは?【ランキング詳細を見る】