夏は汗をたくさんかきます。なので、「夏はわきが対策をしっかりしないと!」と思いますよね。しかし、冬であっても油断はできません。

汗をかきにくく臭わないイメージがある冬ですが、実は「冬わきが」という言葉もあるくらい、わきが対策が大切な時期なんです。

なぜ、寒い時期でもわきがの臭いがしてしまうのでしょうか?

冬はアポクリン腺から出る汗が濃くなる!

寒い冬は夏と比べてエクリン腺からかく通常の汗が減ります。それにより、アポクリン腺から出る汗の量が相対的に多くなります。

また、冬は夏ほど水分を摂りません。水分を摂らないと汗の量が減ります。汗の量が減ると毛穴から老廃物が出にくくなります。すると、アポクリン汗の老廃物の濃度が高まります。

さらに、厚着をしているので臭いがこもりやすくなり、服を脱いだ時にモワッと臭ってしまうんです。

重ね着をするなとは言いません。でも、あまり重ね着をしすぎてしまうと、思わぬ汗をかく場合があります。汗をかく前にすぐに脱げるよう、重ね着する枚数は少なくしておいた方が良いです。

  • エクリンから出る通常の汗が減り、アポクリン汗の割合が増える。
  • 汗をかきにくくなるとアポクリン汗の老廃物の濃度が増える。

冬はアポクリン腺から出る汗の濃度がどうしても濃くなり、少ない汗でも臭いやすくなってしまいます。これを防ぐためにはどんな対策を取れば良いのでしょうか?

冬のわきが対策方法とは?

わきが対策というと、汗を抑えることばかりに注目してしまいますが、そうではないんです。もちろん、人が多く集まる場所では汗を抑える必要はあります。

でも、普段は逆です。汗をしっかりとかける身体になってください。そのためには、

  • 水分をしっかり摂る。1日1リットルは意識して飲む。
  • 汗腺トレーニングを行う。

この2つを意識して取り組んでみてください。水分は温かい飲み物で大丈夫です。我が家は温かい麦茶を飲んでいます。

また、汗腺トレーニングには以下の2つの効果があります。

  • エクリン腺からの通常の汗をかきやすくなる。
  • アポクリン汗の老廃物の濃度を減らすことができる。

親子で一緒に取り組めますし、バスソルトを使用するとバスタイムが楽しくなります。詳しい汗腺トレーニングの方法は以下のページを参考にしてくださいね。

親子一緒にできる!わきが臭を減少させる汗腺トレーニング

ワキガ対策デオドラントを使用して外出時の臭いを抑える。

冬はアポクリン汗の濃度が高くなり、しかも厚着で蒸れやすい状態です。すると、皮膚表面の菌が増殖して臭いの原因になります。

それを防ぐ手助けをしてくれるのが、ワキガ対策デオドラントです。デオドラントというと「香りをつけるもの」というイメージがあるかもしれませんが、実際は「保湿」「消臭」「殺菌」「制汗」の総合的な力でワキガの臭いを抑えるものです。

特に制汗成分として注目されているのが、パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されているわきが対策クリームです。

パラフェノールスルホン酸亜鉛はアポクリン腺に含まれるタンパク質に反応して凝固物を作り、汗腺にフタをしてくれます。アポクリン腺から出る汗の量が相対的に減るので、わきが臭を激減させることにつながります。

子供にも安心して使えるクリームもあります。詳しくはこちらのページを参考にしてみてください。我が家も1位のクリームを親子で使っています。

子供に最適な腋臭(わきが)クリームランキング

子供に最適な腋臭(ワキガ)クリームランキング

このランキングには理由があります。

我が家がクリアネオを選んだ理由とは?【ランキング詳細を見る】