汗をかいた時にワキガの臭いが酷くなることから、ワキガ対策は制汗ばかりに気を取られがちになります。

しかし、実は制汗と同じくらい「保湿」も重要です。

脇が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌されるようになる。

健康で潤いのある肌は外部の刺激から身を守るためのバリア機能が正常に働いています。イメージはハリのあるぷるっぷるのお肌ですね。しかし、肌が乾燥するとそのバリア機能が働かなくなってしまいます。

その状態を補おうと過剰に分泌されてしまうのが「皮脂」です。皮脂は雑菌の大好物です。皮脂をエサに雑菌はどんどん増えます。

アポクリン腺から出る汗は雑菌によって分解されてワキガの臭いになるので、雑菌が増えるとより多くのアポクリン汗が分解されることになります。

これが、乾燥肌によるワキガ臭増加のメカニズムです。最近では乾燥肌による皮脂の過剰分泌をインナードライと言ったりもしますよね。

困ったことに、年頃の子供がこのインナードライになりやすいんです。臭いの問題はとてもデリケートなので、思春期真っ最中の子供がなかなか親に相談しにくいんですよね。

そして、お小遣いを握りしめてドラッグストアやコンビニで市販の制汗スプレーを買って、使ってしまうことがあります。

こういった安価な制汗スプレーは、ワキガに対しては逆効果です。通常の汗(エクリン腺から出る汗)をサラサラにすることはできますが、アポクリン腺から出る汗を抑える効果はありません。

また、香料入りの場合は臭いが混ざって逆効果です。ごまかせるのはほんの一瞬だけなので、どうしても使いすぎてしまいます。スプレーを使いすぎると、

  • 塩化アルミニウムなどの制汗成分が肌に刺激を与えてしまう。
  • スプレーに含まれるアルコールが肌の潤いを奪う。
  • スプレーの粒子が肌に詰まって黒ずみの原因になる。

などが起こり、肌状態を悪化させてしまいます。臭いだけでなく、黒ずみの原因にもなるのは心配ですよね。

子供が市販の制汗スプレーを使用しているのを見つけたら、なるべく使わないように優しく説明してあげてください。

ワキガの臭いを抑えることができるのは、ワキガ専用デオドラントだけ。

通常の汗臭さであれば、市販の制汗スプレーを使いすぎないレベルで使用するのは有効だと思います。しかし、ワキガの場合は話が別です。

ワキガの場合、アポクリン腺から出る汗を抑えつつ、「保湿」をしっかり行う必要があります。その両方を満たすのは、ワキガ専用デオドラントしかありません。

今は子供でも安心して使えるワキガ専用デオドラントがありますし、見た目も化粧品とほとんど変わらないので持ち運びもできます。

子供が市販の制汗スプレーを使っているのを見かけたら、「こんなものがあるよ」「ママも使ってるよ」と、そっと教えてあげてください。

こちらでより詳しくデオドラントについての説明をしています。是非参考にしてくださいね。

子供の腋臭(ワキガ)臭や汗を抑えるデオドラントについて

子供に最適な腋臭(ワキガ)クリームランキング

このランキングには理由があります。

我が家がクリアネオを選んだ理由とは?【ランキング詳細を見る】