何となく、「太っているとワキガの臭いがキツそう」というイメージってありますよね。もしかしたらこれは世界共通の認識かもしれません。

特に日本では、肥満体型の人はよく汗をかくという印象が大きいので、そう思ってしまうのかもしれません。

  • 太っているとワキガの臭いが強くなるのか?
  • 痩せればワキガの臭いは減らすことができるのか?

という2つの疑問についてお答えします。

肥満は臭いが強いという意見はあながち間違ってはいない。

そもそもワキガは身体にあるアポクリン腺の数が多いか少ないかで決まります。この体質は遺伝によって受け継がれるものなので、「痩せているから」「太っているから」などは本来関係はありません。

しかし、肥満体型の場合、糖質、脂質、タンパク質をたくさん食べて太ったという事実があり、またそれを消費しきれる程の運動もしていないと考えられます。

ワキガの臭いの原因となるアポクリン汗腺からは、栄養たっぷりの汗が出ます。それを皮膚常在菌が分解した時の臭いがワキガ臭です。

タンパク質や脂質をたくさん摂っているということは、薪をくべるのと同じことですから、そのような生活をしていれば臭いが強くなってもおかしくありません。

また、運動不足の場合はエクリン腺から出る汗にもアンモニアや乳酸が増えます。

これらもアポクリン汗と同様に皮膚常在菌に分解されて臭いを発生させるので、通常体型の人と比べて肥満体型のほうが臭いが強くなると考えられます。

肥満を解消するための食生活が臭いの減少を促す!

ワキガという事実は、太っていても痩せていても変わりません。しかし、肥満を解消するための食生活がワキガの臭いを減らせる可能性はあります。

例えば洋食中心から和食中心にして、特に野菜を多く摂り入れてみてください。もずくやめかぶなどの海のものも効果的です。

タンパク質もなるべく動物性ではなく大豆製品など植物性のものが良いですね。

特に子供の場合は食事を自ら選ぶことはできないので、親が十分にサポートしてあげてください。無理なダイエットをする必要はありません。

痩せることが目的ではなく、臭いを発生させない食生活をするのが目的です。その食生活をしていれば結果的に肥満が解消されるというだけです。

親子で取り組んで痩せれば一石二鳥!くらいに考えてくださいね。

子供のワキガ臭を減らす為に、今すぐ始められる食生活改善。

デオドラントと組み合わせてワキガ対策を万全に!

食生活に気をつければ、軽度のワキガの場合は大幅な臭い改善が可能です。ただし、より臭い対策を万全にするにはデオドラントは欠かせません。

食生活が内側からの対策だとしたら、デオドラントは外側からの対策です。肌の保湿ケアとともに、殺菌や消臭などの役割があります。

市販のデオドラントは通常の汗(エクリン腺から出る汗)に対しての対策であって、ワキガの汗に対しては効果がありません。

ワキガの汗や臭いを抑えるためにはワキガ専用のデオドラントを使用してください。

デオドラントについては以下で詳しく説明しています。是非参考にしてくださいね。

子供の腋臭(ワキガ)臭や汗を抑えるデオドラントについて

子供に最適な腋臭(ワキガ)クリームランキング

このランキングには理由があります。

我が家がクリアネオを選んだ理由とは?【ランキング詳細を見る】