クリアネオとラポマインを比較!
クリアネオとラポマインを子供に使うという視点で比較した場合、どちらがよりふさわしいのでしょうか?私の個人的な意見が参考になれば幸いです。

商品詳細の比較

比較項目 クリアネオ ラポマイン
メイン成分 殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)■制汗成分(パラフェノールスルホン酸亜鉛) 殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)■制汗成分(フェノールスルホン酸亜鉛)
天然抽出成分 柿タンニン・セージエキス・シャクヤクエキス・甘茶エキス・ユキノシタエキス・ドクダミエキス・海藻エキス アロエエキス(2)・ボタンエキス・カッコンエキス・サクラ葉抽出液・ダイズエキス・モモ葉エキス・ユリエキス・アーティチョークエキス・チャエキス(1)・カキタンニン・オトギリソウエキス・カモミラエキス(1)・シナノキエキス・トウキンセンカエキス・ヤグルマギクエキス・ローマカミツレエキス・オウバクエキス・シソエキス(1)・ドクダミエキス・ヨモギエキス
肌への優しさ 無添加無香料【香料・着色料(タール系色素)・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・オイル・紫外線吸収剤全て不使用】で年齢を問わず使える。 無添加無香料【香料着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・タール系色素・紫外線吸収剤・合成ポリマー不使用】で年齢を問わず使える。
安全性 放射性物質検査実施済み(※日本食品分析センター調べ)■アレルギーパッチテスト済み【金属アレルギー・アルコールアレルギー・敏感肌・乾燥肌】 金属アレルギーテスト済み
衛生面 プッシュタイプで衛生的に使える。 プッシュタイプで衛生的に使える。
効果の実証 99.999%の殺菌を証明済み【※(株)ユニオンバイテック調べ)】■抑臭効果実施済み(30分間で抜群の抑臭効果を発揮)【※リリース科学工業(株)調べ】 除菌率99.9%、ニオイ成分97.7%カット【※日本食品分析センターにて実際に菌の減少を確認】
原産国 日本 日本
内容量 30g 24g
特典 全身に使えるニオイ除去ブラシプレゼント■毎月ニオイケアグッズプレゼント ラポマインサプリメント
メディア掲載 スキンケア大学■マイナビウーマンニオイケア特集など多数 2015モンドセレクション銀賞受賞■スキンケア大学で「わきのニオイ対策」のおすすめコスメとして掲載■女性誌掲載多数

価格の比較

比較項目 クリアネオ ラポマイン
単品価格 5,980円+送料660円 9,244円+送料648円
2本セット 9,800円+送料660円 セット割引なし
1本定期 4,980円+送料無料 6,156円+送料無料
2本定期 8,180円+送料無料 セット割引なし
定期の縛り 2回継続がお約束 3回継続がお約束
※ラポマインは公式サイトで税別表記ですが、比較のため税込み表記(8%)に統一しました。

クリアネオとラポマインの天然抽出成分に注目

注目するママ
クリアネオとラポマインで最も異なるのが、配合されている天然抽出成分の数です。

クリアネオが厳選7種類なのに対し、ラポマインは21種類も配合されています。これはラポマインが肌の保湿を重視しているからです。

実際肌の保湿は腋臭対策には大変重要です。

肌が乾燥すると肌のバリア機能が失われ、外部刺激から身を守れなくなってしまいます。そこで、肌を潤す為に皮脂が出てくるのですが、この皮脂が腋臭の臭いを強くする原因となってしまうのです。

保湿をすれば皮脂の分泌を抑える事ができるので、結果的に腋臭の臭いを抑えることにも繋がるというわけですね。

また、天然成分21種類のうち、美白効果のあるカモミラエキスと抑毛効果のあるイソフラボン(ダイズエキス)にも注目しました。

カモミラエキスは保湿効果だけでなく、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑える働きをする為、美白効果が認められていて、シミ対策の化粧品などにも配合されている成分です。

イソフラボンは一時期流行った豆乳ローションなどにも含まれる、抑毛効果のある成分ですね。ワキ毛は腋臭の臭いを拡散させてしまいますから、抑毛効果のあるイソフラボンは腋臭の拡散を防いでくれる成分とも言えるのです。

ラポマインは大人の女性向け。子供に使うのであればクリアネオに軍配!

クリアネオの内容物
保湿成分を豊富に含んだラポマインは大人の女性には大変ありがたいのですが、子供に使うとなると「そこまでやる必要あるのかな?」と感じてしまいます。

というのも、そもそも子供は大人と違い肌が若く潤っているからです。

年齢・性別の皮脂分泌量 皮脂に関しては、図の通り10歳を境に分泌量が増えていますが、ピークは20歳前後。保湿に力を入れるのはそれからでも遅くありません。

また、クリアネオにも必要十分な保湿成分は含まれています。

美白や抑毛の成分は大人の女性向けです。制汗スプレーの使いすぎで粒子が毛穴に詰まってしまったり、毛抜きでワキ毛を抜くようになると、それらの刺激によってワキが黒ずんでくる事がありますが、まだその心配もありませんよね。

そう考えると、その分割高なラポマインよりも、成分が厳選されたクリアネオの方が経済的で長期の使用に向いていると考えました。

逆に、腋臭を抑えつつ美白や抑毛の効果も欲しいという場合はラポマインでも良いと思います。例えば、使うのが「ママと高校生以上の娘さん」という組み合わせの場合ですね。

我が家は私、中学生の息子、小学生の娘という組み合わせだったのでラポマインは不要と判断してクリアネオを使用することにしました。

我が家は3人で使うので、料金システム面でもクリアネオの2本定期便が役立っています。

経済的にワキガ臭を抑える『クリアネオ』公式サイトへ

高価でも美白と保湿重視したいなら『ラポマイン