子供の腋臭対策にベビーパウダーを使っているというママも多いですよね。

ベビーパウダーは、コーンスターチ(とうもろこしから取れる植物デンプン)が主原料の白い粉です。

その高い吸水性によって汗や皮脂を吸い取り、塗ったところが長時間サラサラになることから、腋臭の汗対策として利用されています。

私も小さい頃母に塗りたくられていたのを思い出します。と言っても私の場合は腋臭対策ではなくてあせも対策でしたが・・・。

腋臭対策にベビーパウダーは効果が期待できません。

肌をサラサラにしてくれるベビーパウダーですが、腋臭の臭いを抑えるという視点で考えると、デメリットの方が多いです。

白残りしてしまう。

塗った後はどうしても白残りしてしまい、ベビーパウダーを塗ったのが一目瞭然です。お風呂あがりに塗るのであれば良いかもしれませんが、学校に行く前などは塗るのを恥ずかしがる子供もいるでしょう。

何かの拍子に白くなっている部分が見えてしまう可能性があります。

使い方を誤ると肌荒れを起こす。

ベビーパウダーはよく乾燥した肌に使用する必要があります。お風呂上がりに身体を良く乾かしてからワキにパフパフします。充分に乾いていない状態で使用すると、汗腺が詰まって肌荒れを起こす可能性があります。

塗り直しが難しい。

サラサラの許容量を超えるとワキが再びじっとりとして、腋臭の臭いが出てきます。ではその状態で塗りなおして良いかというと、それはダメですよね。

先程もお伝えした通り、ベビーパウダーは乾燥した肌に使う必要があります。つまり、汗を拭いて、乾かして、それから塗り直す必要があります。

例えベビーパウダーを携帯していたとしても、汗をかきやすい子供にここまでさせるのは難しいですよね。

制汗効果が期待できないし、殺菌効果もない。

結局は直近の汗を吸収してサラサラにするだけで、その他になんの効果も期待できません。結局ベビーパウダーはその名の通り、

  • 赤ちゃんのあせも対策。
  • 赤ちゃんのオムツまわりの蒸れ。

に使うもので、ベトベトした時の不快感を減らす事が目的なのです。

腋臭対策に必要なのは、制汗・殺菌・消臭・保湿の4つ

腋臭のニオイを抑えるためには、

  • アポクリン腺から出る汗を抑える。
  • ワキガの原因菌を減らす。
  • 今あるニオイを消臭する。
  • 適度に保湿して皮脂の分泌を抑える。

の4つを同時に行わなければなりません。

ベビーパウダーではこれらの4つをカバーする事はできません。

そして、制汗・殺菌・消臭・保湿の4つを満たすものは、腋臭のニオイを解消する為に作られた「腋臭対策デオドラント」しかありません。

さらにその中で、子供が使っても大丈夫な「肌に優しいデオドラント」を探す必要があります。

そこで、腋臭に対して効果があるのは大前提として、

  • 安全な成分が使われている。
  • 子供が使いやすいデザイン。
  • 価格面での続けやすさ。

など、子供が使うという視点で考えて現在人気の腋臭対策クリームを比較しました。

我が家は1位のクリームを親子で使用しています。

子供に最適な腋臭(ワキガ)クリームランキング

このランキングには理由があります。

我が家がクリアネオを選んだ理由とは?【ランキング詳細を見る】